渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

ネット証券の正しい選び方

【緊急告知】ストップ高を発表します!

<1銘柄のみ厳選推奨!!>株式ブログはDTレポート。

底値銘柄を一発で検索

株式ニュースメール メルトレ

2007年09月23日

MACDとは

MACDとは何でしょうか?

このブログでは、MACDをよく使います。

MACDは、Moving Average Convergence Divergence Trading Methodの略です。MACDは、Gerald Appel氏により開発された分析法です。日本語では、移動平均収束拡散法と呼ばれています。

MACDはテクニカル指標の一つで、MACDがMACDシグナルを上抜いたら買い、下抜いたらを売ります。

通常の単純移動平均線ではなく、指数平滑移動平均を使用して、短期、長期の2本の指数平滑移動平均線の差を求めたものがMACDです。

この差が最大になったときに株価の転換点とします。指数平滑移動平均は、一定期間の値段を単純に平均化している単純移動平均とは違い、直近の値段には比重をかけて移動平均を求めているため、株価の動きに敏感になります。
posted by 儲かる株投資 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | MACD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。