渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

ネット証券の正しい選び方

【緊急告知】ストップ高を発表します!

<1銘柄のみ厳選推奨!!>株式ブログはDTレポート。

底値銘柄を一発で検索

株式ニュースメール メルトレ

2009年03月02日

自分を追い込む局面を作るな

株の取引をやっていると、何でこんなときに株を売ったのだろう。買ったのだろうと後悔してしまうときが良くあります。



特に大暴落や急激な上昇局面で底あるいは天井に近い場面で大きなミスをやってしまいます。



その原因は、恐怖心に勝てないから。



株の取引をやっていると、損失がだんだん膨らんで、売買できない状態に陥ってしまいます。そのうち今より良くなるときが来ると一生懸命待っていても状況は悪くなるだけ。



信用取引をしていると、どんどん期日が迫ってくるため恐怖が増幅されます。



そして皆が苦しくなる時期は不思議と同じ。恐怖に勝てなくなって皆売ったり買ったりし始めると、さらに悪い方向に急激に動きます。



こうなるともうパニックになって自分が持っている株も同じように売ったりします。



しかし翌日、ず〜と待っていた状況が起きます。そうです。底が見えたのです。一番損する底で手放してしまった自分。



皆が恐怖を感じるところが同じ。これが私が株をやっていて思ったところです。



だから、恐怖に耐えられない人は、絶対に儲けることができない。



普通の人は耐えられません。



なので、恐怖を感じる場面を作らないようにするのがポイントです。



余裕がある売買しか、株取引で勝ち続けることはできません。



余裕があれば、10年待てば損は解消されるのが私の経験則です。どんな失敗も10年持ち続ける気があれば、倒産しない限り、1度は同じ水準まで株価が戻ってきます。とんでもない天井で買いを入れていない限り。




ちょっと一服しませんか?



薄毛・抜け毛でお悩みの方。育毛・発毛の情報を提供します。



スカルプD 激安 |


M-1 通販 |


M-1 ミスト 通販 |


スカルプD 激安 |


育毛剤 |

posted by 儲かる株投資 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 株に勝利するおきて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。